斜頸記録

February 6th, 2008 § 2 comments

また昨日拉致されて、いつものあの獣医に行ってきましたよ。
先生は、再び私を奥の部屋に連れて行って…

血をとりました。

この血を研究所に送って、じっくり私の血液を検査するそうです。それで問題がなければ完治。しかしながら、先生は自身の血液検査で大方大丈夫だとは思っているようですぞ。

さて、取りあえず私の今回の病気を纏めてみようと思います。2007年から2008年にかけての時系列↓
11月30日:社員Mが私の異変を察知。
12月01日:獣医へ。E.cunicliと判断した先生により、それ用の薬を処方される
12月11日:獣医へ。結局はE.cunicliではなく、レントゲン撮影し、内耳の異常発見。
12月12日:獣医へ。肺に溜まった液体を検査する手術、
12月23日:獣医へ。新たな薬(抗真菌剤)を調合してもらう。先生の推測:カビか菌。
12月26日:病気になって以来、久しぶりに元気な姿を見せつける。薬が効いているようだ。
01月31日:獣医へ。白血球数値が下がる。ほぼ健康体のお墨付き!
02月05日:獣医へ。トドメの血液検査。研究所にて詳細に検査してもらう為。

こう書き連ねて見ると、随分獣医に行ったもんだね。
もう病気はこりごりです。

今日の画像は、一番斜頸の症状が酷かった時です。社員Mが、私の事をあんまりにも哀れんだ顔でジジジィ〜と見つめながら撫でるので、ちょっと不愉快でしたぞ。(笑)
斜頸は、今でも姿勢に寄っては首をかしげてる?位の後遺症は残っているけど、体は大丈夫なので心配しないで欲しい。
そして、体重の変化→(病気になった直後)2.04kg→(病気が酷い頃)1.88kg→(現在)1.94kg

Tagged ,

§ 2 Responses to 斜頸記録"

  • Seattle Roll says:

    長い道のりでしたが、無事良くなって本当に良かったですね!
    ペットが病気の時は本人(本動物?)も勿論辛いと思うのですが、
    飼い主にとっても、ものすごく辛いんですよね・・・

    また元気な社長の可愛い姿を沢山みせて下さい!

  • plopp says:

    斜頸って結構怖い病気で、様々な原因でなってしまうし、

    症状が酷い場合は、顔が90度近くまで曲がったままで

    介護を受けながら生活しているうさぎさんもいるんですよ。。

    原因が分かるまで、本当に心配しましたよ〜。

    うさぎ自身はバランスを崩してる為、顔が傾斜してるのが

    普通だと思っているのですが、それを見る人間には

    どうも痛々しく見えるんですよね。。

    ありがとうございます!

What's this?

You are currently reading 斜頸記録 at Ploppwork Bunny.

meta