先生も困る

September 23rd, 2009 § 6 comments § permalink

昨日、再び獣医さんに行かされましたぞ。

再びダン先生に耳のハゲを診察してもらったのですな。

すると、先生は開口一番

「うーん、ハゲが進行しているね~」

リングウォームの場合は、症状はマイルドだし薬を塗ればここまでヒドくなる事はないそうです。そして、前回、ブラックライトを耳にあてて診断しましたが、リングウォームでなくともたまにフケやらなにやらで発光する事があるそうな。

先生はリングウォームの可能性が低くなったとのような事を言ってましたな。

また、ノミの場合はもっと皮膚が血を吸われて点々が出来る事、皮膚が荒れてしまう事から、ノミによるものではないのではないかとの事。もし、ノミですと、注射を打たねばならないそうです。

先生が私に注射をする→薬剤が血液に混入する→薬剤の混じった血をノミが吸う→ノミ死亡。

なので、私にとっても良い物とはいえないので、ノミだと確信できなければ注射を早急に打つのは良くないという話。

最終手段は皮膚を少しばかりゴシゴシして組織を取って、組織を培養して何が悪さをしているかチェックすると言うもの。

しかし、昨日も朝に薬を塗ったばかりだったので、薬の作用で正しい診断が出来ない為、昨日は組織を取れませんでした。

もしかしたらもしかしたら、薬によって肌が荒れてしまって毛が抜けているのかも?というわけで、一、二週間程、薬をやめてみる事にしました。

さぁ、数週間後どうなっているか!?

先生も「君は一体何がどうして禿げちゃったんだい?」と困ってましたぞ(笑)

ちなみに、先生の見解では内蔵がどうこういうわけではないとの事です。皮膚表面の異変だそうです。

悪化してる?

September 5th, 2009 § 3 comments § permalink

今日は社員Mです。
先日から、白癬菌について調べています。しかし、日本語で検索すると、犬や猫の情報しか出て来ないのです。うさぎが白癬菌にかかるのは珍しい事なのでしょうか。
とりあえず、猫の治療法をみてみると
治療には1ヶ月から二ヶ月かかること
できるなら猫を別室に隔離すること
部屋はこまめに掃除して清潔に保つ事
この手の皮膚病は治療に時間かかると思いましたが…やはり気長にガンバルほかないですね。それから二番目、うーん、これは難しいな!これまで自由気ままにさせてしまった天罰?か、今これで隔離なんかしちゃうと他の病気になりそうだし。3番目、現在、これまでにない程、部屋の掃除を頑張っています!毎日、雑巾と掃除機で埃0を目指して頑張っています。
海外でリングウォームと検索して見ると、うさぎの情報はちらほら出てきました。
塗り薬か経口薬を処方。うさぎを扱う時はゴム手袋を使う…など…
やはり、人間にも感染するから注意という事なのでしょう。
感染源は、白癬菌保持者の来客や、ペットの猫、はては牧草…
もし牧草が感染源なら、こりゃ防げんだろう!
獣医さんに行ってから4日目。
毎日一回、例の塗り薬(ミコナゾール系の薬)を塗っていますが、なんか…患部が広がってるんですよ。大丈夫なんでしょうかコレ…。薬によって、菌が最後の悪あがきをしているだけなら良いのですが。実は、社員Sが来週早々、他州へ数週間お出かけなのです。
不安だ…
実に不安だ……
思わず気持ちを吐露してしまいました。
しかし、うさぎの権威の先生のサイトを見てみると、リングウォームにはミコナゾール系の薬を塗布と書いてあるし、そもそもそれがリングウォームかといえば、ダン先生がブラックライトをあてて発光したからリングウォームに違いないだろうし、それゆえ、ミコナゾールで良いはずだし。
不安になると色々と考えあぐねてしまうもんですね。
取りあえず、塗布してまだ4日ですし、しばらくは部屋を清潔に保つ事と薬の塗布を頑張りたいと思います。

皮膚病になっちゃった

September 1st, 2009 § 2 comments § permalink

ダン先生の所に行ってきました。

体重計測、目や耳、口内をチェックしてもらい、触診、そして耳のハゲを診てもらってきました。
さて、体重は
1.92kg
この家にはデジタル計りがないのですな。社員Mが昔ながらの計りで計測してくれますが、針がグラグラ揺れるので、ちゃんと計測できないのです。なので、獣医さんに行ってやっと正しい体重がわかります。(デジタル計りを買って下さいよ、社員達)
目や耳も良好、そして口内に先生がスコープを無理矢理ねじ込んだ時!
これが本当に気持ち悪いのです。プラスチックの筒状のものが、私の口腔内に無理矢理入るのを阻止するため、舌をスコープの中につっこんでみた。フッフッフ
すると!ダン先生が
「見えないよ〜(笑)」と、ちょっとウケましたな。
去年の12月、体内に脂肪の塊があるのが発見されましたが、今回は触診によって、以前よりも柔らかくなっている事、もしかしたら縮んでいるかもとの診断結果。X線も撮る必要ない程でした。時々、脂肪の塊ができても、体内で消化される事があるそうですぞ。
そして、耳。
そんな痒くはないのですがね、フケが出始めたんですな。自分でも気になっていたのですが、ダン先生がかきむしった事によるハゲか、菌によるハゲか、ブラックライトを数分当てて検査。その結果、患部がブラックライトによって発光し、菌によるものと判明。
リングウォームというものらしいですぞ…
人間が水虫等にかかる菌と同種の菌らしいですぞ。
社員Sが猫のいる家に通いつめたので、社員Mはそれを疑っているそうですぞ。もしそうなら、なんとけしからん!
Conofiteというミコナゾール系の塗り薬を処方されました。2週間程、一日一回患部に塗布するそうです。
人間にも時々うつるらしいですぞ。
社員にうつしたら私の患部も治るかもしれませんな?フッフッフ

Where am I?

You are currently viewing the archives for September, 2009 at Ploppwork Bunny.