oxbowからの返事

September 30th, 2008 § 4 comments § permalink

先日の件、社員Mのもとへ、Oxbowから返事が来たそうですぞ。
返事を訳してみますと…
Oxbowへのご連絡、そしてBBT(Bunny Basics T)ペレットへのご質問、ありがとうございます。
ペレットの中にコーンが原材料として含まれてないというあなたの見解は正しいです。
我々のペレットは、oxbowペレットと似た小動物に有害な原料を含まない他のペレットをも製造している巨大な飼料粉砕機にて製造しています。
そこではコーンを含む他の飼料を製造する事もありますので、我々の製品を製造する直前にはシステムを一旦清掃いたします。
しかしながら、機械の狭い部分、細かい部分等にはどうしても他の材料が詰まってしまったり、また紛れ込んでしまう場合もあります。
それら他の材料は、検査の過程でなるべく取り除くよう努力はしておりますが、時々検査から漏れてしまう事もあります。
添付して頂いた画像は、製造会社の方へ転送し、お約束している品質への向上に今後も勤めて参ります。
製造工場は、ISO9001の施設であり、HACCPプログラムを追随しておりますので、私どものペレットは安全だと保証致します。
今後も、ご質問がございましたらお気軽にご連絡下さい。
ーーーーーーー
※ISO9001とは(日本工業標準調査会のサイトより):
ISO 9001とは、組織が品質マネジメントシステム(QMS: Quality Management System)を確立し、文書化し、実施し、かつ、維持すること。また、その品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善するために要求される規格です。
※HACCPとは(財団法人、食品産業センターのサイトより)
原料の入荷から製造・出荷までのすべての工程において、あらかじめ危害を予測し、その危害を防止(予防、消滅、許容レベルまでの減少)するための重要管理点(CCP)を特定して、そのポイントを継続的に監視・記録(モニタリング)し、異常が認められたらすぐに対策を取り解決するシステム。
ーーーーーーー
結局、コーンを含む飼料を製造している工場で作るので、なるべく混入しないよう努力はしてるけど、入っちゃうんだよね〜これが!ってなことですな。
結論:
やっぱりコーン!
うーん、他の会社のペレットもこういう事は多そうですな…。しかし、コーンが入ってないのも売りな部分があるはずですが、紛れちゃってもコーンが入っているとは笑止。
というわけで社員Mが出来る事は…コーンと分かる部分は出来る限り取り除き、ペレットは、できれば冷凍庫で保管しましょう。(理由は、酸化防止の他、万が一アフラトキシン汚染されていたら、その生成を少しでも食い止められます。多分。)そして、三ヶ月以内に消費できる量を買う、これですかな。あとは、APDがそんな風ではないと良いのですがね。
というわけでした。

黄色い物体の正体を探る

September 28th, 2008 § 4 comments § permalink

先日のOxbowのペレットの件ですが、まあさんがしい君やしう君に与えているoxbowにも黄色い粒をみかけるとの情報があったようです。

社員Mの目の錯覚ではなかったようですな。

社員Mが社員Sに黄色い欠片を見せると、「電子レンジでチンすれば分かるよ!」との助言で、本当にチンしてみたらしいですぞ。(笑)

しかし、ポップコーンにはならず。

社員Sは「加工してるからかな?じゃ、実際に食べてみたらいいんじゃない?」

そこで、社員Mは、社員Sに食べさせたそうです。(笑)

まぁ、牧草の味もするのでよく分からないようですが「コーンっぽい」とは言っていたようです。

まぁ、社員達であれこれ言っていても解決しないので、今日oxbowにメールを送ったそうです。写真をつけて。

さぁ、一体正体はなんなのでしょうか!?

今日の画像は、APDのティモシーを食べている私です。うまいで、しかし。

ベストなペレットは?

September 22nd, 2008 § 2 comments § permalink

皆さんのお宅では、どのブランドのペレットを食べていますか?

ウチでは、まずoxbow。oxbowはどこへ行っても獣医さんでも、ベストと言われるペレットです。しかし、一種類だけだと不安だという理由で、社員Mは他のも混ぜています。現在は、Zupreemをそこに二割り程度混ぜてあるようです。

しかし、社員Mが昨日ネットで検索していた所、Zupreemにはコーンが入っているそうなのです。

Zupreemは大豆や○が入ってないと書いてあったけど、コーンが入っているなんて、ダメじゃないですか!しかもコーンは、最近巷で話題のアフラトキシンを含有しているそうですぞ。この汚染されたコーンは、日本じゃなくてアメリカの話ですがね。日本では、家畜の飼料として、アフラトキシン汚染されたコーンが輸入されていて、密かに問題になっていているとかなっていないとか。

アフラトキシンのコーンは、アメリカでも中西部の乾燥地帯で生産されたものが問題となっているようです。そして、Zupeemの本社はカンザス。うーん、危険かもしれません。

しかし、oxbowのペレットにも、果てしなくコーンそっくりの黄色い物体が混入している事があるのです。今日の画像。

oxbowのペレットには、コーンなど入っていない事になっているのに、一体、コーンでなかったら、この黄色い物体はなんなのでしょう…?

しかし、何が良いのですかな。

ピュリナはアルファルファがベースだし、やはりコーンも入ってる。ヘイノルドのウールフォームラは、コーンは入ってないけど、やはりアルファルファがベースだそうです。そしてアメリカン・ペット・ダイナーはコーンも入ってないし、ティモシーがベース。

アメリカン・ペット・ダイナー、干し草もついでに、社員Mに買わせてみますかな?

もし、皆さんおススメのペレットがあったら是非教えてください。

Where am I?

You are currently viewing the archives for September, 2008 at Ploppwork Bunny.